国家資格.net ~ 行政書士 編 ~
行政書士六法top
矢印行政書士試験六法の特徴と評価

矢印行政書士受験六法の特徴と評価

矢印行政書士受験必携六法の特徴と評価

試験対策に行政書士六法は必要?

一般には、現行成文法の基本となる法律六種(憲法・刑法・民法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)をメインに掲載した法令集のことを〝六法〟と呼んでいます。

一方、行政書士を名乗る以上、押えておくべき法律を中心に掲載した書物のことを〝行政書士六法〟と呼び、民法や行政法、憲法等を中心とした法令が収められています。

さて、この行政書士六法ですが、通常のテキストや問題集に比べると、やや値が張るため、受験者の中には買い揃えるべきか否かで思い悩んでいる方も少なくないようです。

結論から言ってしまうと、行政書士受験者ならば、行政書士六法は手元にあった方がよいのは間違いないでしょう。

単に条文を確認するためだけに使用するのであればコンパクトサイズの六法でも構いませんが、近年の行政書士試験は、判例を重視した問題も増えていることから、条文と判例(中には過去問がセットになっている書籍も…)が対になっているような行政書士試験対策向けに特化した六法を利用した方が、知識も深まり効率的に学習できるといったメリットがあります。

したがって、個人的には、できるだけ行政書士六法は買い揃え、いつでも条文や基本的な判例が確認できるよう手元に置いておくことをおススメします。

そこで、行政書士試験対策向けに販売されている代表的な行政書士六法を3つほど挙げておくので、書店でどの六法にしようか迷った際には、紹介したものから手に取り、内容を見比べ、自分が使いやすいと思えたものを購入して下さい。

※注:下記に紹介する行政書士六法が必ずしも行政書士試験対策に欠かせない必須教材というわけではありません。個人的な主観も含まれているので、最終的な判断は受験者であるあなた自身で決めてください。

行政書士試験六法
行政書士試験には欠かせない法令を収めた法令集であり、愛用者も多い行政書士六法のひとつ。

行政書士試験で狙われそうな法令の条文や重要な基本判例はしっかりと収録している感はある。

合格に必要な条文&判例、過去問題などがスッキリとまとまっているので、ビギナー受験者にも使い勝手はよいと感じられる1冊であるが、使用感や好みの問題もあるので、購入前に、一度、書店などで他の六法と見比べてもらいたい。
著者 行政書士試験研究会
出版社 早稲田経営出版
価格 / ページ数 1,123 p / 3,672円
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆

行政書士受験六法
過去の出題実績や最終出題年度などを明示しているため、過去にどれだけの頻度で出題されてきたのかがハッキリとしており、難解な条文の表現についても解説により分かりやすく説明している。

また、行政書士試験の合格を目的に作成されている六法なので、出題の可能性が少ない条文などは割愛されているが、内容は濃いため、1,000ページ程のボリュームある書物となってしまっており、携帯するには不便である。

なお、本書は条文だけでなく、判例問題や記述式問題にも対応できるよう重要な争点や判旨についての解説も加えられているので、先に紹介した『行政書士試験六法』などと一度見比べてみることをおススメする。
著者 行政書士六法編集委員会
出版社 東京法令出版
価格 / ページ数 1,170 p / 3,600円
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆

行政書士受験必携六法
法律系国家資格の受験対策には定評のある老舗の法律専門スクール、東京法経学院が関与する行政書士六法。

1,000ページを超えるボリュームある六法なので、試験に欠かせない法令が網羅されている点は当然と言えば当然で、この辺は他の六法とそれほど大差ないが、本書は読みさすを重視した構成をとっている。

たとえば、2色刷りや重要語句を太字で強調するなどがいい例で、さらに主要な重要法令は条文ごとに判例要旨を掲載しているため、効率的に学習できるのが特徴といえよう。

また、ビギナー受験者のために「基本法律用語」が収録されているのも嬉しい。

後は好みの問題となるため、一度手に取り、パラパラと内容を確認してから購入の有無を検討してもらいたい。
著者 / 編者 東京法経学院
出版社 東京法経学院
価格 / ページ数 1,025 p / 3,564円
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆

自分のライフスタイルに合った学習スタイルで取り組もう!
行政書士は法律系資格の登竜門として位置付けられることも多いように、本試験では法令に関する問題が多数出題されます。

近年は、単なる条文の暗記・理解のほか、基本的な判例に関する理解力や思考力までもが求められている節もみられることから、頻出している条文等に関しては基本的な判例についてもしっかり押えておくことが大切ですが、この種の問題は学習し難い側面もあり、なかなかスムーズに勉強が進まない方も多いようです。

そのため、場合によっては専門講座等を利用した学習スタイルへと切り替えるのも一法かもしれません。

そこで、参考までに行政書士試験対策には定評のある大手スクール(資料請求自体は無料)を3つほどピックアップしておきます。

専門スクールでは「いったいどのようなカリキュラムや教材を使いながら試験対策を行っているのか?」を把握することは、独学を考えている受験者にとっても十分参考になる面があるはずです。

※ 大手資格スクールが配布している案内資料の中には、近年の出題傾向等の試験ガイドが詳しく掲載されているものもあります。

要は、自分に合った学習スタイルで試験対策を行うことが何よりも重要なので、利用するしないにかかわらず、一度、案内資料を取り寄せるなどしてカリキュラムや教材内容等を比較検討してみるとよいでしょう。
大手スクール行政書士講座の特徴
資格の大原 行政書士講座
行政書士は法律系国家資格の登竜門的な資格であることから、法律の勉強は初めてという初学者も少なくない。

大原では入門者向けコースをはじめ、既にある程度、法知識の身に付いている上級コースなど、自分の現時点での実力に合わせた講座選択ができる点はLECなどとほぼ変わらない。

また、教育訓練給付金制度の指定コースもあるので、該当者はその制度を活用するとよいだろう。(LECなどでも対象講座あり)
会計系資格に強いTACだが、近年は法律系資格にも力を入れており、それなりに実績もあるようだ。

大手資格スクールだけに、試験攻略のノウハウは十分にあるため、初学者でも無理なく実力が身に付くよう毎年改訂されるオリジナル教材を使用しながら、効率的に学習できるカリキュラムが組まれている。

行政書士レベルであれば、大手スクールの内容に合否を大きく左右するほどの差はないので、後は使用教材の内容や費用、フォロー制度等をパンフなどで他校と比較しながら、自分に最適な講座を選択してほしい。