国家資格.net ~ ファイナンシャル・プランナー 編 ~
FP3級試験の参考書・問題集top
矢印3級FP技能士試験対策教材情報【テキスト&参考書】

矢印3級FP技能士試験対策教材情報【問題集】
市販教材(参考書・問題集)を使用する前に…
FP技能士の資格を得るには、日本FP協会と金融財政事情研究会が実施する国家試験(FP技能検定)に合格しなければなりません。

通常、公的資格や民間資格に比べると、国家資格に属する試験は難易度が高く難しいとされていますが、FP3級試験で出題される内容は、稀に難解な問題が混じっているものの、全体的に見ると初歩的な知識を問う確認問題が多く、また、出題パターンも決まっています(〇×問題【30問】と三答択一問題【30問】)。

※ 稀に2級レベルでは?と思える問題も出題されますが、合格基準が緩め(満点の60%以上)に設定されているので、答えられなくても合否にはあまり影響しません。

したがって、FP知識や実務経験のない初学者でも3級は独学で十分合格が狙える試験なので、できるだけ費用を押えたいと考えている方は、ぜひ市販の参考書問題集を利用しながら試験に臨むことをお勧めします。

そこで、3級FP技能検定試験対策に役立つおすすめの教材を何点か紹介しておくので、テキストや問題集選びに迷っている方は少し参考にしてみてください。

※注:下記に紹介する参考書や問題集がFP試験対策に欠かせない必須教材というわけではありません。学習上、使いやすいと思われ教材は各人で異なってくるので、あくまで参考程度にお受け止め下さい。



資格の大原 FP講座

FP3級試験対策:テキスト&参考書

FP3級試験対策用テキストとして全体的によくまとまっている参考書が、きんざいの『最短合格3級FP技能士』である。

編者であるきんざいは、FP技能検定の実施をはじめ、関連書籍の発行やセミナーを行っている団体なので、試験で狙われやすい頻出事項を中心に勉強できる構成となっている。

そのため、本書に記載されている内容をマスターすれば、満点は無理でも合格点に達するだけの実力は十分身に付くので、できるだけ早期に合格を手にしたい!合格できるならどの参考書でも構わない!と割り切っている方にはおススメといえるだろう

ちなみに最新版のテキストは、スマホやタブレットなどでのオンライン学習もできるようになっている。
テキスト名 最短合格3級FP技能士
著者 / 編者 きんざい
出版社 きんざい
価格 2,160円 / 201 P
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆

フィナンシャルバンクインスティチュートの『うかる!』シリーズも、試験対策用テキストとしては十分、合格点の参考書である。

『速攻問題集』との関連性が強いので、本書を選んだ方は『問題集』とセットで購入した方が効率的に学習が進められるかもしれない(本書もスマホ学習に対応)。

基本的にFP3級程度のレベルであれば、先に紹介したテキストと本書をのいずれか1冊を購入すれば参考書としては何ら支障はないように思われる。

したがって、後は受験者の好み(使用感や手頃感など)の問題となってくるので、自分が使いやすいと思えた教材を購入すればよいだろう。
テキスト名 うかる!FP3級 速攻テキスト
著者 / 編者 フィナンシャルバンクインスティチュート
出版社 日本経済新聞出版社
価格 1,512円 / 456 P
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆

FP3級試験対策:問題集

FP技能検定試験の合格を確実なものにしたいのなら、きんざい関連の問題集にあたっておくことは重要である。

本シリーズは〝学科編〟と〝実技編〟に分かれており、それぞれボリュームもあるが、掲載されている問題をマスターしてしまえば、FP3級の合格基準は十分満たせるだけの実力が身に付く。

※ 実技編は、さらに「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」の2冊に分かれるので購入する際は間違えないように!

ただし、本書に掲載されている問題レベルは本試験よりも少し高め(そのため、徹底的に学習すれば本試験問題は易しく感じられる)なので、まったくの初学者は、もう少し易しめの問題集からチャレンジした方が勉強がスムーズに進むかもしれない。
テキスト名 パーフェクトFP技能士3級対策問題集 学科編
パーフェクトFP技能士3級対策問題集 実技編
著者 / 編者 きんざい
出版社 きんざい
価格 学科編:2,046円 実技編:1,404円
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆



先に紹介したきんざいの問題集が少しとっつきにくいと感じた方は『みなんが欲しかった!FPの問題集』を検討してみてはいかがだろうか。

本書は受験指導校大手のTAC出版の問題集であり、重要ポイントや本試験で狙われやすい問題が厳選されており、効率的に問題に取りかかることができる(解答が取り外し可能な点も学習しやすい)。

難易度的には適度な問題が揃っているので、基礎知識がしっかりと身に付いているか確認する問題集としては評価できるのではないだろうか。

ただ、全体的に問題数が少ないので、できれば他の問題集にも当たっておきたい。

なお、本書を利用する場合は、同シリーズのテキストとの併用が勧めれれているが、個人的には、併用しなくても、それほど支障はないように思われる。
テキスト名 みんなが欲しかった!FPの問題集3級
著者 / 編者 滝澤ななみ
出版社 TAC
価格 1,620円 / 174 P
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆

資格スクールの専門講座を利用すべき試験か !?
結論から言ってしまえば、3級FP試験レベルなら、わざわざ高いお金を払ってまで専門講座を利用する必要はないように思われます。

その理由はいくつか挙げられますが、① 良質な市販テキストや問題集が充実していること ② 基礎的な知識(専門用語や数字)を問う問題が中心であること ③ 出題パターンが決まっていることなどがその主な理由です。

しかし、ファイナンシャル・プランナーとは、あくまで2級以上の資格を取得して、はじめて生かされる資格といえるので、FP2級合格を視野に入れて試験対策を行うのであれば、2級試験のベースとなる3級で学ぶべき試験範囲をしっかりと理解しておくことも大切です。

そのため、場合によっては専門講師のいる講座を利用しながら、着実に知識の習得を図る学習スタイルに切り替えるのも一法かもしれません。

そこで、一度、案内資料をとりよせてみることをおススメします。

というのも、最近の講座パンフレットの内容は非常によくできており、FPがどんな資格で、いたっいどういう形で活かせるのか?をはじめ、近年の試験の出題傾向や特徴、試験対策のポイントなどについてコンパクトにまとまっているので、その部分に目を通すだけでも損はないからです。

これらの点は独学で勉強する上でも十分役立つ知識なので、FP試験に興味のある方は、手始めに資料請求から始めてみましょう!



資格の大原 FP講座