国家資格.net ~ 中小企業診断士 編 ~
中小企業診断士と独学top

中小企業診断士試験:独学の有効性について

科目合格制の導入で独学しやすくなったか?
中小企業診断士試験にも科目合格制が導入(平成18年度以降)されたことで、すべての試験科目(全7科目)を必ずしも1回の試験でクリアする必要はなくなりました。

そのため、従来の試験制度に比べると、中長期的(今年は3科目にして、来年は4科目の合格を目指そう!など)な戦略で本試験に臨める試験になったと見ることもできますが、この制度が果たして独学スタイルの受験者にとってメリットになるのかどうかが問題となってきます。

中小企業診断士試験の科目合格制は、生涯有効の税理士試験の科目合格制とは異なり、有効期間(3年間)があることから、新たに導入されたこの制度が、必ずしも独学の負担減に繋がるかと言うと、そうとも言い切れない面があります。

というのも、科目合格による合格基準は一発合格とは異なってくるため、苦手科目を他の得意科目でカバーすることが難しくなり、受験者の学習負担がかえって増すケースも考えられるからです。
一発合格の合格基準(1次)

総得点の60%以上、かつ1科目でも満点の40%未満がないこと!
矢印
科目合格の合格基準(1次)

満点の60%以上!

科目合格制の落とし穴〈具体例〉
1回目 総得点が60%以上であり
かつ満点の40%未満の
科目がないことから
矢印
1次試験合格!

「財務・会計」
「経営情報システム」
科目で不得意科目をカバー
1回目 2回目 3回目 3回の受験による総得点の合計は
満点の60%以上となるが
3回目に受けた2科目の得点が
合格基準を満たしていない
矢印
1次試験不合格!

不得意科目を
他の得意科目でカバーできない…
得点 得点 得点 得点
経済学・経済政策 60点 60点 免除 免除
財務・会計 80点 80点 免除 免除
企業経営理論 60点 不合格 60点 免除
運営管理(オペレーション・マネジメント) 45点 不合格 不合格 45点
経営法務 45点 不合格 不合格 45点
経営情報システム 80点 不合格 80点 免除
中小企業経営・中小企業政策 60点 不合格 60点 免除
総得点 430点 430点
つまり、以上のような理由から、科目合格制が導入されたとはいえ、中小企業診断士試験は依然として短期合格を目指すべき国家試験であり、独学でも地道にコツコツ勉強していれば、いずれは合格できるといった試験制度に変わったというわけではありません。
市販テキスト&問題集の充実度
独学に限らず、テキスト(基本書)や問題集は試験対策上、必ず買い揃えなければならない必須教材ですが、中小企業診断士に関しては、行政書士や社労士、宅建のような国家試験に比べると、どうしても知名度や人気は劣るため、お世辞にも市販教材が充実しているとは言えません(つまり、需要が少ないため、あまり力をいれていない)。

また、規模の小さい書店によっては中小企業診断士試験に関する書籍自体がまったく置いていないことも珍しくはありません。

現在はアマゾン等でネット注文することもできるので、テキストや問題集が全く手に入らないということはありませんが、使いやすいテキストや参考書は人によって異なってくるので、立ち読み(モノによってはある程度中身をチェックさせてくれるものもありますが、すべてではない…)のできないネット販売では、自分にとっては使いづらい教材を掴まされる恐れもあり、無駄な出費につながるリスクがあります。

また、市販のテキストや問題集は、スクール利用者用のテキストに比べると、レベルが落とされていたり、講座利用者を前提とした作りとなっているので説明が省略されているなど、あまり独学のことを考えていない教材も少なくありません。

そのため、独学で試験対策を行う方は、この点も十分理解しておく必要がありそうです。
2次試験が最大の山場!
中小企業診断士試験は、他のビジネス系資格に比べて、より実務重視の応用力や思考プロセスが強く試される内容なので、その点を難しいと感じてしまう受験者が多いようです。

特に試験の最大の山場は論述式の2次試験の方で、暗記力よりも〝考える力〟や〝理論的思考力〟採点者を説得する〝表現力〟などが試されるため、1次試験は合格したものの、2次試験になると解答が書けないという受験者も少なくありません。

2次試験は、1次試験とは異なる形で試験対策を行わなければならず、応用問題に取り組む際に欠かせない個々の知識を体系化するための勉強法を独自で確立するのは、なかなか骨が折れ、誤った勉強法では1次試験合格自体を無駄にしてしまう(1次試験の合格には有効期間がある!)危険もあります。

そのため、中小企業診断士試験に関しては、客観的にみても、あまり独学(特に実務経験のない学生には不向き)による学習スタイルは、おススメできる国家試験とはいえません。

※ 一方、行政書士や宅建のような国家試験に関しては、スクール講座を利用せずに独学で合格している人も少なくないようです(当サイト管理人である私自身の経験から言っても、行政書士と宅建については、独学でも合格を狙える国家資格であるとみています)。





中小企業診断士試験:独学勉強法【1次試験対策】

中小企業診断士試験独学よりも専門校や資格スクールを利用しながら勉強し、本試験に臨む受験スタイルが一般ですが、ここでは、あえて独学による勉強法について紹介しておきます。

※ ただし、必ずしもここで紹介する学習法がすべての受験生に効果的であるとは限らないので、あくまでひとつの参考例として受け止め自分に合った学習法を確立してください。
得意・不得意科目によって学習のウェートを調節しよう!
中小企業診断士1次試験対策を始める前に意識しなければならないことは、合格基準からも分かるとおり、極端な苦手科目を作ってはならない!ということです。

つまり、得意科目に時間をかけ過ぎるのも考えものであり、合格基準を意識したバランスのよい勉強法(むしろ、不得意科目をなくすことの方を重視した方がよい)を常に意識する必要があるということです。

そこで、試験範囲のボリュームによって各試験科目の勉強時間を割り当てるよりも、得意・不得意科目によって学習時間のウェートを調節することが必要で、まず最初に試験範囲を一通り勉強してしまうことで、得意科目・不得意科目を把握することが大切です。
最初に試験範囲を一通りザッと学習してしまう利点
チェック苦手科目を把握する!

チェック試験科目は分かれていても、相互に関連する内容も多く、最初に全体像を掴むことで、各科目の理解を深めやすくなる!
また、1次試験科目は、暗記力中心(中小企業経営・政策など)と理解力中心(経済学・経済政策など)の科目に分けることができるので、試験科目ごとに勉強法を変えていく必要もあります。
理解中心科目 矢印 比較的、時間がかかる科目なので早めに手を付ける!
暗記中心科目 矢印 暗記カード等を作成して、隙間(通勤・通学/昼休み/風呂)時間を利用する!
使用教材は絞り込む!
中小企業診断士は、主に30~40歳代の社会人層に人気がある資格なので、仕事と勉強を両立させながら試験に臨んでいる受験者が大半を占めます。

中小企業診断士試験のような、ある程度難易度の高い国家試験になると、受験勉強中は常に不安が付きまといますが、社会人受験者が中途半端にあれやこれやと様々な問題集に手を広げると、どれも中途半端に終わってしまい消化不良をおこす恐れがあることから、試験対策に割ける勉強時間に限りがある独学社会人受験生は特に使用するテキストや問題集を絞り込み、それらの教材を徹底的にやり込んだ方が、よい結果を生むようです。

したがって、自分が確保できるおおよその試験時間を把握したら、本試験日から逆算して、どの科目にどの程度に時間を割り当てるかを考えながらスケジュールを立て、あまり深みにはまらないことが大切です。
正確な知識の理解に努める
1次試験は、基本的知識の理解を問う問題が広く出題されていますが、正確な知識がないと2択までは絞り込めても、最後の正解肢に辿り着かないケースも多々見られます。

したがって、徹底した反復練習で基礎事項をマスターすることが大切です。

そこで1次試験は、最もオーソドックスなインプット → アウトプットへ移行する勉強スタイルが有効です。
〈インプット時期〉

基礎知識を
叩き込む
矢印
〈アウトプット時期〉

演習問題に取り掛かる(1次試験はマークシート方式なので、正解肢以外の選択肢の理解も深める)
矢印
〈再度、インプット〉

間違った問題、理解が曖昧な選択肢はテキストへ戻り、正しい知識をインプット!
※ サブノートやカードは必ずしも作る必要はない。サブノートの代わりに必要な論点が載っているテキストのページのみをコピーし、ポイントを書き込んでしまい、携帯用のオリジナルリストを作ってしまうのも一法!
財務・会計科目は早めに手をつける!
1次試験は7科目にも及ぶため、どの試験科目から手を付けたらよいか迷うところですが、一般には大半の受験者が苦手とする「財務・会計」科目や2次試験問題と関連性の強い「企業経営理論」から始める方が多いようです。

特に1次試験は電卓を持ち込むことができないので、本試験で計算問題が出題されることも多い「財務・会計」科目に関しては、できるだけ早期の段階から計算問題に慣れ親しんでおく(毎日、必ず1問は解く!くらいの意志と覚悟が欲しい)ことが大切です。

中小企業診断士試験は、1次(マークシート)と2次(論述と口述)とに分けて行われる2段階式の試験です。

試験科目数は1次試験が7科目、2次試験が4科目で、計14科目において合格基準をパスしなければなりません。

そのため、1年で合格してしまうような受験者はごく僅か(正確なデータは解りませんが、せいぜい2~3%程度)で、大半の者は数年がかりの試験勉強を強いられるか、途中で挫折することになる厳しい試験です。

この手の難関試験は、勉強時間さえたっぷりと確保すれば合格できるというものではないので、1年では無理でも、2~3年かけて合格できないようであれば、改めて勉強法を見直す時期に来ていると思ってください。

あまり長期間だらだらと試験勉強を続けていると、モチベーションの低下だけでなく、試験傾向の変化や過去に学んだことの記憶力の低下により、だんだんと対応が難しくなってくるので、勉強スタイルは、その都度柔軟に対応することが大切です。
中小企業診断士講座の特徴
資格の大原 中小企業診断士講座
良質な市販教材が少ない中、比較的、受験者からの評価も高いのがTAC出版関連のもので、TACは使用教材がよいという受講生も多い。

一方で講師陣について絶賛する声はあまり聞かない…(ただし、まったくダメだというわけではなく、他校の方がよいとする意見がある程度)。

講師に関しては相性もあるので評価するのは難しいが、教材やフォロー体制を重視するのであれば、一度、検討してみる価値のある受験指導校である。
一発合格主義をモットーとする大手受験指導校。

使用教材やカリキュラムが、他スクールよりも抜きん出て優れているとは感じられないが、押さえておくべきポイントを的確に指示し、合格に必要な知識・論点だけを集中して習得できるような工夫がなされている点はまさに大手ならでは。

受講生がぶち当たった問題点が即解決できる専任講師体制を取り入れるなど難関試験であることを十分考慮した学習環境作りを受講生に提供している点は評価したい。