国家資格.net ~ 行政書士 編 ~
行政書士試験の過去問:一般知識top
矢印行政書士試験の過去問題を実際に解いてみよう!【政治・経済・社会】

矢印行政書士試験の過去問題を実際に解いてみよう!【情報通信・個人情報保護・その他法令】

矢印行政書士試験の過去問題を実際に解いてみよう!【文章理解】
過去問題に取り掛かる前に、まずは最近の行政書士試験における一般知識分野の特徴や出題傾向についてザッと把握しておきましょう。

平成18年の新試験制度以降、一般知識科目は法令科目とは逆に問題数が減少(20問→14問)しましたが、足きり制度は依然として残っているため、試験における重要度はこれまでとほぼ変わりありません(ただし、若干緩めになった)。
合格基準の変更点
試験科目ごとの得点が、いずれも当該試験科目に係る満点の50%以上である者
変更
行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である者
ここ数年の一般知識科目の過去問題を振り返ってみると、各科目の出題配分は ① 政治・経済・社会 ② 情報通信・個人情報保護 ③ 文章理解からバランスよく出題されており、今後も同じような構成で出題されることが予想されますが、平成28年度試験では②からの出題がありませんでした。

そのため、この変化が一時的なものなのか、それとも今後の行政書士試験に影響してくるのか非常に気になるところです。

さて、気になる本試験問題の難易度ですが、出題範囲がとても広く、出題者側もその点を知った上で、ほぼ毎年といってよいほど、馴染みのない(受験者が手を付けなさそうな)テーマや難問・奇問が出題されており、そう簡単には満点を取らせてくれません。
H26 H27 H28
行政書士の業務に関する
一般知識等
政治 2問 3問 3問
経済 3問 1問 3問
社会 3問 3問 3問
情報通信 2問 2問 3問
個人情報保護 1問 2問 ---
その他の法令 --- --- 1問
文章理解 3問 3問 3問
合計 14問 14問 14問
しかし、行政書士試験はパーフェクト解答を目指す必要は全くないため、出題範囲が広すぎて的を絞りづらい一般知識科目に関しては、高得点を狙うよりも、足切りライン越えを目標とした程よい対策を練った方が良さそうです。

というのも、あまり深入りしすぎて一般知識科目に大幅な学習時間を割いてしまうと、法令分野の勉強が疎かになり、結果的に総得点で合格ラインに届かなかったということになってしまっては元も子もないからです。

また、難問・奇問が出題されるとはいえ、行政書士試験における一般知識科目は、全体的にオーソドックスな問題が多く、標準レベルの問題さえ取りこぼさなければ合格ラインは超える程度の得点は稼げるはずなので、過去問題(過去に出題されたテーマが形を変えて(掘り下げて)出題されるケースもある)や、近年、新聞やニュースで取り上げられるような話題性の高いテーマは、日頃から意識し関心を持つことが、結果的に試験対策にもつながります。




行政書士試験の過去問 【政治・経済・社会】

問1:2015年夏に成立し公布された改正公職選挙法 ※ による参議院選挙区選出議員の選挙区・定数の改正および改正後の状況に関する次の記述のうち、妥当でないものはどれか。

1.選挙区のあり方を見直す必要性を指摘した最高裁判所判決が改正より前に出ていた。
2.定数が増加した選挙区はいずれも三大都市圏にある。
3.定数が減少した選挙区はいずれも三大都市圏にない。
4.区域が変更された選挙区が中国地方と四国地方に生じた。
5.改正後も全国の選挙区の総定数に変更は生じていない。

(注)※ 公職選拳法の一部を改正する法律(平成27年法律第60号)による改正後の公職選挙法

【平成28年度試験より】

問2:日本の選挙に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.衆議院議員総選挙は、衆議院議員の4年の任期満了時と、衆議院の解散がなされた場合に行われる。

2.参議院議員通常選挙は、参議院議員の6年の任期満了時に行われるが、3年ごとに半数を入れ替えるため、3年に1回実施される。

3.比例代表により選出された衆議院議員は、所属する政党を離党し、当該選挙における他の衆議院名簿届出政党に所属した時でも、失職しない。

4.最高裁判所裁判官は、その任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の期日に、国民審査に付される。

5.国政選挙の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を有している者は、外国にいながら国政選挙で投票することができる。


【平成27年度試験より】

問3:2016年2月に署名されたTPP(Trans-Pacific Partnership)協定に関する次のア~オの記述のうち、妥当なものの組合せはどれか。

ア:TPP協定は、日本、アメリカ、韓国などの環太平洋経済圏12か国によって自由貿易圏を構築することを目指すものである。

イ:TPP協定により、音楽や小説などの著作権の保護期間が統一されることとなり、日本では著作権の保護期間が、これまでよりも延長されることとなる。

ウ:TPP協定に参加する国々のGDPを合計した値は、世界各国のGDP合計値の5割を超えており、TPP協定によって世界最大の自由貿易圏が誕生することとなる。

エ:TPP協定により、日本が輸入する全品目の9割以上で、最終的に関税が撤廃されることとなる。

オ:TPP協定交渉について日本では農産品の重要5項目とされる米、麦、大豆、牛肉・豚肉、乳製品の関税維持が主張され、それらの関税は撤廃を免れることとなった。


1.ア・ウ
2.ア・オ
3.イ・ウ
4.イ・エ
5.エ・オ

【平成28年度試験より】

問4:難民に関する次の記述のうち、明らかに誤っているものはどれか。

1. 国際連合難民高等弁務官事務所は、国際連合の難民問題に関する機関であり、かつて、緒方貞子が高等弁務官を務めたことがある。

2. 難民の地位に関する条約は、難民の人権保障と難民問題解決のための国際協力を効果的にするためのものであり、日本も加入している。

3. シリアの内戦は2014年に入っても終結せず、大量の難民がレバノンなどの周辺国へと避難する事態が続いている。

4. 難民には、政治難民、災害難民、経済難民など多くの種類があるといわれているが、日本では、積極的な国際貢献のため、その種類を問わず広く難民を受け入れている。

5. 日本では、かつて、1975年のベトナム戦争終結期に生じた「インドシナ難民」といわれる人々を受け入れる措置をとった。


【平成26年度試験より】

問5:日本社会の多様化に関する次のア~オの記述のうち、妥当なものの組合せはどれか。

ア:特定の民族出身者を誹謗中傷し、社会から排除することをあおるような差別的発言を投げかけるヘイトスピーチは法律で禁止され、内閣府にこれを監視する委員会が設置された。

イ:障害のある人への不当な差別的取扱いを禁止する法律が施行されたが、行政・事業者ともに、障害者に対して合理的配慮の提供を行うことは、努力義務にとどめられた。

ウ:同性による婚姻は法律で認められていないが、結婚に相当する同性の関係について、定めを置く自治体の条例がある。

エ:内戦がつづくシリアからの難民について、日本では、難民認定を申請した者の入国・在留が認められた例はない。

オ:途上国から人材を受け入れ、技術を学んでもらうことを目的とした外国人技能実習制度があるが、実習生を低賃金労働者として扱うなどの問題が生じている。


1.ア・エ
2.ア・オ
3.イ・ウ
4.イ・エ
5.ウ・オ

【平成28年度試験より】

問6:今日の日本経済に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1. 国内総生産(GDP)とは、一定期間に一国で産み出された付加価値の合計額をいうが、日本の名目GDPの水準は、おおよそ年間500兆円である。

2. 生産要素とは、財・サービスの生産に用いられる資源をいい、具体的には土地・資本・情報の三つを指すが、日本の経済成長に最も寄与しているのは情報である。

3. 日本の国内総生産を産業別にみると、自動車産業をはじめとした製造業の占める割合が最も高く、現在も4割を超えている。

4. 日本の産業別就業者割合をみると、機械化・IT化により、製造業就業者割合は減少しており、他方で、サービス業への就業者割合は8割を超えている。

5. 日本では、総支出のうち、国内での消費、投資、政府支出の割合は6割程度であり、4割が海外への輸出となっている。


【平成27年度試験より】

問7:次の文章の空欄[ ア ][ エ ]に入る語句の組合せとして正しいものはどれか。

第二次世界大戦後の国際経済は、1944年のブレトンウッズ協定に基づいて設立された[ ア ][ イ ]、1947年に締結された[ ウ ]を中心に運営された。

[ イ ]は大戦後の経済復興と開発のための資金提供を目的としていた。日本は[ イ ]からの融資を受け、東海道新幹線や黒部ダムなどを建設している。その後、[ イ ]は発展途上国の経済発展のための融資機関となった。

また[ ウ ]のもとでは8回の関税引き下げ交渉がもたれたが、それは貿易拡大による国際経済発展に貢献するとともに、その後[ エ ]の設立をもたらした。[ エ ]では、[ ウ ]の基本精神を受け継ぎつつ、交渉を続けている。
1. IBRD IMF GATT WTO
2. GATT IMF WTO IBRD
3. IBRD IMF WTO GATT
4. IBRD WTO IMF GATT
5. IMF IBRD GATT WTO

【平成26年度試験より】

問8:終戦(1945年8月15日)後の日本で発生した自然災害に関する次の記述のうち、妥当でないものはどれか。

1.終戦から1950年代にかけて福井地震や洞爺丸台風などの大きな自然災害が発生した。

2.終戦から1950年代にかけて発生した自然災害による死者・行方不明者の合計は、1960年代から1980年代までに発生した自然災害による死者・行方不明者の合計を上回る。

3.終戦から1980年代までに発生した自然災害で死者・行方不明者が最も多かったのは、伊勢湾台風であった。

4.1995年に発生した阪神・淡路大震災では、都市部における大規模な火災や建物の倒壊などにより、100人を超える行方不明者が依然存在している。

5.2011年に発生した東日本大震災は、終戦後に発生した自然災害の中で最大の死者・行方不明者をもたらした。


【平成28年度試験より】

行政書士試験の過去問 【情報通信・個人情報保護・その他法令】

問1:人工知能に関する次の文章の空欄[ Ⅰ ][ Ⅳ ]に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

コンピュータの処理速度や記憶容量が向上しさえすれば、人間と同じように思考するコンピュータを開発することができると考えられた時期もあった。最近、将棋や囲碁の対局でコンピュータがトップレベルの棋士に勝利するようになったと報道された。その発展は、コンピュータに過去の大量の対局データをインプットし、更にそのデータに基づいて最適の解を導けるようコンピュータ自身で学習し実力を高める仕方を覚えられるようになったからといわれている。

このようなコンピュータの発展動向は、従来コンピュータが得意な能力は検索や[ Ⅰ ]であって人が得意な能力としては工夫や[ Ⅱ ]が代表的なものと考えられてきたが、今ではコンピュータもこれまで人間が得意としてきた[ Ⅲ ][ Ⅳ ]に類する能力を持ち始めたことを意味している。

ア 感情 イ 認知 ウ 想像 エ 論証 オ ひらめき
カ 創造 キ 差別 ク 記憶 ケ 計算 コ 推論
1.
2.
3.
4.
5.

【平成28年度試験より】

問2:情報公開法 ※1 および公文書管理法 ※2 に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.情報公開法も公文書管理法も国民主権の理念にのっとっているが、公文書管理法は情報公開法とは異なり、歴史公文書等の保存、利用等の規律も設けていることから、現在のみならず将来の国民への説明責任を果たすことをその趣旨に含んでいる。

2.公文書管理法は、情報公開法と同様、行政機関による行政文書の管理、歴史公文書等の保存、利用等を定めているが、独立行政法人等の文書管理は定めていない。

3.公文書管理法は、歴史公文書等のうち、国立公文書館等に移管、寄贈もしくは寄託され、または、国立公文書館の設置する公文書館に移管されたものを「特定歴史公文書等」と定義し、永久保存の原則を定めている。

4.情報公開法は行政文書の開示請求権および開示義務を定め、公文書管理法は特定歴史公文書等の利用請求があったときの対応義務を定めている。

5.情報公開法は、従前は行政文書の公開およびその管理についての規定も設けていたが、公文書管理法の制定に伴い管理の規定は削除された。

(注)※1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律 ※2 公文書等の管理に関する法律

【平成27年度試験より】

問3:IoT(Internet of Things)の定義に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1.様々な「モノ」をインターネット上でデザイン・印刷するという意味
2.様々な「モノ」をインターネット上で理解したり学習したりする環境という意味
3.様々な「モノ」の価値についてインターネットの世界でのみ評価されるという意味
4.様々な「モノ」がビッグデータとして扱われるようになり、インターネットが「モノ」のようになるという意味
5.様々な「モノ」がセンサーと無線通信を通してインターネットにつながりインターネットの一部を構成するようになるという意味


【平成28年度試験より】

問4:行政機関個人情報保護法 ※ に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

ア:この法律は、行政機関ではない会計検査院には適用されない。

イ:この法律は、行政機関の長に対し、公的個人認証の方法による安全管理措置を講じるよう義務づけている。

ウ:個人は成人にならなくとも、行政機関の長に対し、当該行政機関の保有する自己を本人とする保有個人情報の開示を請求することはできる。

エ:開示請求をする者は、開示にかかる手数料を実費の範囲内で納めなければならない。

1.ア・イ
2.ア・ウ
3.イ・ウ
4.イ・エ
5.ウ・エ

(注)※ 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律

【平成27年度試験より】

問5:情報セキュリティの用語に関する次の説明のうち、妥当でないものはどれか。

1.ウィキリークス

政治、行政、ビジネス、宗教などに関する機密情報を匿名で公開するウェブサイトの一つであり、アメリカ政府の外交機密文書が公開されるなど話題となった。

2.IPアドレス

通信する相手(コンピュータ)を一意に特定するため、インターネットに直接接続されるコンピュータに割り振られる固有の数値をいう。

3.フィッシング

電子メールやWWWを利用した詐欺の一種で、悪意の第三者が企業等を装い、偽のサイトに誘導し、クレジットカード等の情報を入力させて盗み取る手法をいう。

4.公開鍵暗号

暗号化と復号のプロセスにそれぞれ別個の鍵(手順)を使って、片方の鍵を公開できるようにした暗号方式である。

5.ファイアウォール

火事の際の延焼を防ぐ「防火壁」から取られた用語で、企業などが管理するサーバ・マシンを物理的に取り囲んで保護する装置をいう。

【平成27年度試験より】

問6:情報処理に関する次のア~オの記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

ア:オブジェクト指向データベースとは、目標とされる語句の検索を正しく行えるようにデザインされたデータベースを指す。

イ:リレーショナルデータベースとは、一つの表だけでなく複数の表を組み合わせて特定の行や列を抜き出すことのできるデータベースを指す。

ウ:ビッグデータとは、ネットワーク上で一つのデータが1ギガバイト以上の容量を持つようなデータを指す。

エ:メタデータとは、データそのものではなくデータに関するデータ(情報)を指す。

オ:ウェブ上で公開されている文書の様式はHTML ※ と呼ばれ、文書内で様々な指定をタグという世界共通の文字列で設定することで画像の表示や文字の色やデザインを指定し、ハイパーテキストなどを組み込むことができるようになっている。


1.ア・ウ
2.ア・エ
3.イ・エ
4.イ・オ
5.ウ・オ

(注)※ HTML : Hyper Text Markup Language の略

【平成28年度試験より】

行政書士試験の過去問 【文章理解】

問1:本文中の空欄[ Ⅰ ]~[ Ⅳ ]には、それぞれあとのア~工のいずれかの文が入る。その組合せとして適当なものはどれか。

想像力が、文学を作りだす側にも、文学を読みとる側にも、重要な役割をすることは誰も疑わないだろう。文学の核心に想像力がある、と人はいいもする。想像力が芸術の創造と受容にたいせつだ、ということから、そこを越えて、想像力は人間が生きる上で、欠くべからざる機能だ、とされることもある。しかし想像力の働きということは、本当によく理解されているだろうか? 想像力という言葉を知的な道具のように僕らが使う時、この道具の性格や性能をよく知って使っているだろうか?

[  Ⅰ  ]。[  Ⅱ  ]。[  Ⅲ  ]。 [  Ⅳ  ]。

民衆に伝えられる生活の慣習、用具などに残る手がかりをつうじて、なつかしい古層へとたどる民俗学の、わが国での開拓者として、柳田にはこの言葉がきわめてたいせつなものであった。

柳田は、それと空想・空想するという言葉とを区別しようとした。その文章の執筆の時期や、あつかう対象、また語りかける相手のちがいにつれて、柳田の行なった空想・空想すると、想像・想像するの区別には、いかにもはっきりしている際と、そうでない場合がある。しかし後の場合も、空想・空想することをしだいに正確にしてゆけば、想像・想像するにいたるという、段階的なつながりにおいて―あい接し、境界がぼやけていることはあるにしても、その上辺と下辺では、ちがいがはっきりしている、という仕方で―使われている。

具体的な根拠のない、あるいはあってもあいまいなものにたって行なう古層への心の動きを、空想・空想するとし、よりはっきりした根拠にたつ、しっかりした心の働きを、想像・想像するとして、柳田は使いわけているのである。そこで時には、ややとか、あきらかにとかいう限定辞をかぶせねばならぬのではあるが、空想・空想するには、人間の心の働きとして、マイナス・消極的評価のしるしがついており、想像・想像するは、プラス・積極的評価のしるしがついている。

(出典 大江健三郎「新しい文学のために」から)


ア:わが国の文章の書き手として、想像・想像するという言葉をもっともよく使ったのは、おそらく柳田国男であろう

イ:しかもわが国の日常生活のレヴェルで、想像・想像するという言葉が使われることはあっても、想像力という言葉に出会うことはまれである

ウ:想像・想像するという言葉が、空想・空想するという言葉と混用される例にもしばしば気がつく

エ:僕はそれを心もとなく思う
1.
2.
3.
4.
5.

【平成28年度試験より】

問2:本文中の空欄[ Ⅰ ][ Ⅳ ]に入る言葉の組合せとして適当なものはどれか。

作者、それも近代的な意味でいう作者の誕生は、コロンブスの航海と切り離して考えることはできません。いきなりなにを、と驚かれるかもしれないので、まず順を追って話をさせていただきます。まず近代的ではない作者とはどういうものだったのか。中世においては、それぞれの分野に権威とみなされる存在がいました。修辞学ではローマ時代のキケロ、弁証法とか哲学ではアリストテレス、天文学ではプトレマイオス、文法ではローマ時代の詩人たちなどです。もちろん神学の場合は、聖書あるいは福音書の作者たちが権威の源泉でした。とにかくこういういろいろな分野に、権威ある人物とか書物が存在した中世において、作者というのは、権威ある書物についての該博な知識をもち、それを[ Ⅰ ]できる人間でした。なにか出来事なり現象が生じた場合、それを過去の権威あるいは権威ある書物と照らしあわせて、過去の権威にもとづいてアレゴリカルな解釈のできる人間、それが中世的意味でいう作者でした。なにか個人的な体験があったとします。そうした体験を、中世の作者は、たとえばそれは聖書のここに書いている事件と符合するとか、イエスの生涯のこの時期のこれと同じであるということを確認して、意味づけることができたのです。

ところがコロンブスの航海ののち、意味づけができないものが、どんどん西欧に入ってくる。もちろん、新世界での出来事を、過去の権威ある書物に引き寄せて解釈する試みは決して途絶えたわけでもなく破綻を宣告されたわけでもなかったのですが、にもかかわらず、過去の権威ある書物では[ Ⅱ ]しきれないことがでてくる。ヨーロッパ人には未知のものが伝えられてくる。たとえば探検家が新世界にゆき、その地で見慣れないものを発見する。原住民にきいてみると、これはトマトでありポテトであるという。そういうはじめてのものがヨーロッパに伝えられたときの衝撃は容易に想像できます。つまり過去の権威は完全無欠ではないとわかってしまった。かわりに、「原住民に開いたら、これはポテトだといった」という個人的な体験に、最大最高の価値が付与されるようになります。わたしはそこに行ってきた。見てきた。聞いてきた。こうした体験を[ Ⅲ ]することによって、その人間はいわば権威の拠り所となったのです。

かくしてみずからを権威の拠り所とする近代的作者が、新世界の「発見」とともに誕生したのです。ただ、ここでも誤解のないよう付け加えれば、これは、西欧で、は小説家の先祖が、みな、新大陸の探検家か冒険家あるいは旅行者であるということではありません。そうではなくて、新世界の消息を伝えるというかたちで、経験だけを拠り所とする文化領域が新たに誕生し、それが、自己のみを権威の拠り所とする近代的作者の可能性を[ Ⅳ ]することになったということです。

(大橋洋一「新文学入門」より)
1. 応用 理解 通達 示唆
2. 応用 対応 報告 導入
3. 体験 理解 報告 承認
4. 解釈 想像 通達 導入
5. 体験 対応 論証 承認

【平成27年度試験より】
行政書士試験の過去問題を実際に解いてみた感想はいかがだったでしょうか?

近年の出題傾向として、本試験では基礎的知識を問う問題に限らず、非常に細かく深い知識を問う難問が出題されるケースもしばしば見られるため、一般知識科目に関しては、いったい何から手を付けたらよいのか分からないという受験者も多いかと思われますが、まずは行政書士試験の過去問題を解き、本試験における出題分野や出題パターンを一通り把握することが大切です。

なお、文章理解問題については、行政書士には欠かせない能力というよりも、国語力(文章読解力)が試される内容なので、行政書士試験用の教材に固執する必要はなく、大学受験や公務員向けの一般的なテキストや問題集を使用するのもよいでしょう。
解答

政治・経済・社会

問1:(2) 問2:(3) 問3:(4) 問4:(4) 問5:(5) 問6:(1) 問7:(5) 問8:(4)

情報通信・個人情報保護・その他法令

問1:(4) 問2:(2) 問3:(5) 問4:(5) 問5:(5) 問6:(1)

文章理解

問1:(4) 問2:(2)